つぶやき

室温が下がる場合の対処法

これから気温が下がると植物たちの葉が黄色くなることがあります
室温が10度以下になると特にウンベラータなどは葉を全て落とすことがありますが
ちゃんと対処すると心配ありません。

冬の間はハゲチョリピンになりますが必ず春には新芽が出ます。

 

対処法として、葉が黄色くなり始めたら水やりの頻度を抑えてください。
次々と葉が黄色くなってきて葉先程度になれば一切水やりをしないでください。
寒さを乗り切るために、余分な葉を落としているのです。(屋外の落葉樹と同じです)

ここで水やりをすると根腐れを起こしてしまい冬の間に枯れてしまいます。
水やりを始めるタイミングは、暖かくなれば新芽が膨らみ出した時です。

写真のように葉がなくなっても新たに葉が出てきます。

不安な時は遠慮なくスタッフまで

関連記事

  1. カイガラムシの対処
  2. パキラの剪定メンテナンス
  3. 母の日に感謝を込めて
  4. セラミックソイルの植物を設置します
  5. 京都伊勢丹さんポップアップにオーガスタ納品しました
  6. cotohaオリジナルグッズ
  7. 葉先にクモの巣?
  8. 又右衛門さんご来店講義

友だち追加

新着記事

PAGE TOP