Cotoha -Plants & Antiques-

CERAMIC SOIL

セラミックソイルで土を使わずに楽しむ鉢植え

今までの水耕栽培とは違い、水を溜める必要がないので
根腐れの心配もなく、初心者の方でも簡単に扱えます。

セラミックソイルの特長

Featureセラミックソイルの特長

  1. 無機質なので虫がいない
  2. 水洗いで何度でも使える
  3. 乾いたら白くなり見た目で水遣りのタイミングがわかる
  4. 1000℃で焼き上げたセラミックのため土のように固まらない
  5. 含水率(がんすい)57%と土の含水率の約倍と水やり回数が減る
  6. 毛細管現象で底面3cm水を貯めると30cm以上浸透して吸い上げる
  7. 均等に全体に浸透する
  8. 無機質で栄養分は液体費用で管理が容易
  9. 水耕栽培ではなく礫耕栽培
  10. 土と同じ穴の空いている器で育てることもできる

How to Maintenance

水あげ方法1 鉢底に穴があるタイプ

土の表面が茶色くなって全体に染み渡ったら、溜めた水から出してください。
表面まで染み渡るには、鉢の大きさにもよりますが、1~数時間かかります。



水あげ方法2 鉢底に穴のないタイプ
(インジケーター付き)

水を入れて、土の表面が茶色くなるまでおいておきます。表面まで染み渡るには、鉢の大きさで変わりますが、1~数時間かかります。
表面まで染み渡っていても、インジケーターのメモリが上がっているときは、スポイドで溜まった水を吸い取ります。メモリの頭が少し見えるくらいが最適です。


セラミックソイルは、乾いてくると色が変化します。
ソイルの表面が白っぽくなってきたら水をあげます。